■ 「独学」や「通学」に勝る「通信」のメリット

社会保険労務士(社労士)試験の合格は勉強法、勉強時間が重要な要素。勉強時間は多ければ多いほど良いのはわかっていますが、ダラダラ続けても意味がありません。初見で難解な法律用語、専門用語を覚えようとしても、勉強そのものに飽きてしまいます。少しずつ確実に知識を吸収すれば、合格に近づけます。

そのためにも「通信」(通学講座)で、無理なく続けることが肝心。仕事と勉強を両立するならなおさらです。800時間以上を要すると言われる社労士合格。平均的な勉強時間800~1000時間を確保する努力を怠ってはいけません。ただし、歯を食いしばって、何かに追い立てられるような雰囲気だと上手く行きませんよ。

社労士の試験に合格するための勉強法は「通信」。そう強調するには訳があるのです。通学や独学との違いをしっかり把握し、通信が最良の勉強法だと確信して取り組んでください。以下に挙げた理由は、よく聞くことばかりです。インターネットなどでいろいろ検索すると、さらに納得できる理由に出あえます。

【社労士合格に通信が良い理由】
通信:好きな時期、好きな時間、好きな場所を選んで勉強ができる。
通学に比べて受講料が安いので、出費を抑えることができる。
実績のある講師の講義が受けて、自信を持って試験に臨める。
通学:直接講義を聞くのでやる気が出て、モチベーションが上がる。
すぐに質問でき、問題点や不安なことを引きずることがない。  
独学:テキストや問題集などに他ほとんど出費がなく、経済的に楽。

通信が良い理由だけでなく、通学・独学のメリットも合わせて挙げてみました。それぞれメリットはありますが、デメリットにも目を向けてみましょう。案外、気になるのはダメな理由かもしれません。
通信:その場で質問はできない。独学よりは出費がかさんでしまう。
通学:受講料が高いだけでなく、都合よく通える学校・講座がない。
講師に当たり外れがあり、モチベーションが下がってしまう。
独学:カリキュラムがなく、自分で教材を揃えらなければならない。     
質問ができず、試験の関する最新情報が入手できないことも。
これでも通信が通学、独学よりも良い勉強法だというのは明らか。勉強時間の確保にも通信が最適な勉強法です。

 

 

 

>>勉強時間を最短にできる通信講座の秘密とは