■ 限られた時間を有効活用できる「通信」

働きながら資格の勉強をするのは無理? 難関資格と言われる社会保険労務士(社労士)試験合格を目指すのは無謀?……いいえ、そんなことはありません。モチベーションを保ち、最後まで諦めないでチャレンジすることが肝心です。

このサイトでは、特に働きながら社労士を目指す人たちのために有益な情報をお伝えしようと思っています。そこで、絶対に必要な勉強時間の確保を考えましょう。つまり、勉強法の検討です。ここでいう勉強法とは、資格の勉強で一般的な、「通信」(通信講座)、「通学」、「独学」のことを指しています。

社労士の試験に合格するには、800~1000時間ぐらいの勉強時間が必要だと言われています。これは独学を意識した数字で、資格取得のための専門学校や予備校などに通う場合は、もう少し短い時間が想定されます。ただし、通学の場合、毎日通う訳ではありませんから、学習期間としては長くなってしまいます。

トータルの勉強時間と、限られた勉強時間内にいかに効果的な学びができるかが、社労士合格のカギになります。初学者が苦戦する、法律用語を学ばなければなりませんし、さまざまな状況に応じた法律の適用を把握しなければなりません。

できれば毎日コツコツ勉強時間を稼ぎ、少しずつ確実に知識量を増やす勉強法がベストです。頑張って独学で、望んだ通りの結果を得る人もいるでしょう。が、かなりの努力と気力、忍耐力が求められます。上手く行けば良いのですが、合格率が7~8%台の難関資格、社労士の試験では困難だと言わざるを得ません。

その点、「通信」(通信講座)であれば、自分の好きな時間に好きな場所で勉強ができ、高い学習効果が得られます。すべて自分でやらなければならない独学と違って、合格を勝ち取るためのカリキュラムが組まれています。毎日、自分のスケジュールに合わせてコツコツス勉強できるのが通信の良さです。

日々の勉強時間を確保し、無理のないスケジュールが組める。一日の勉強時間を基に、試験本番に向けたスケジュールが組める。しかも、勉強すればするだけ手応えがあるのが通信の良さ。限られた時間を有効活用できる勉強法は通信です。

◎合格に必要なすべてが揃う通信講座は ⇒ http://www.foresight.jp/sharoushi/

 

 

>>勉強時間を最短にできる通信講座の秘密とは